INFORMATION

  • 2021/04/16 フェイスブック更新しました フェイスブック更新しました


    詳しくはこちら
  • 2021/04/16 何がどう違うの?業務用家具と家庭用家具の違い 街の量販店やECサイトで家庭用に販売されている家具類と違って、業務用家具はあまり違いが無いように見えると考えているかたも多いのではないでしょうか、一言で言いますと
    【家庭用家具】大量生産で単価が比較的安く、画一的で快適性を重視
    【業務用家具】契約生産で単価は比較的高いが、独自性があり耐久性を重視
    家庭用の家具は、一部のアンティークや特注の高価なブランド家具を除き、量販店などにみられる家庭用家具は画一生産、在庫販売の方式を取ります。脚や座面、背板などの部品となる材料を大量に用意して組み立て、在庫を持ちながら販売していく方式です。一度に大量につくっておいて、倉庫に在庫を確保した上で販売するので、家具一つあたりの製造単価を安く抑える事ができ、比較的手ごろな価格での販売が可能になります。そのため、商品はどうしても画一的なものが多くなってしまい、品数も張地も限られ、多くて数十種類に限定されてしまいます。家庭用家具はリビングルームやダイニングルーム、書斎など一日のうちのごく一部の時間を過ごすために使われることが比較的多くなります。食事の時間はダイニングチェア、リラックスするときはカウチソファ、など使う目的と時間が限定されます。そのような家具に求められるのは、「座り心地の柔らかさ」や「床に傷をつけにくい保護性」などです。部材も、椅子なら柔らかいソフトウレタン、ソファならコイルスプリングなど、クッション性の柔らかい部材が利用されることが多くなります、これらのソフトウレタンやコイルスプリングには、座り心地がよく長時間座っても疲れにくいといったメリットがある反面、耐久性が比較的低く、ヘタりやすいといったデメリットがあります。
    業務用家具は受注生産、契約販売の方式をとるものが多く、在庫として保有している商品はそれほど多くないのが特徴です。新たな店舗を出店するのに必要な脚数のテーブルや脚を予め決め、その台数分に合わせて、メーカーや特注家具も作る会社が材質や塗装色、張地のカラーを組み合わせることができるため、作りたい店舗のイメージに合わせた自由度の高さが特徴です。業務用家具はこの「契約後に製造・販売する方式」を意味する「コントラクト家具」とも呼ばれることもあります。ほとんどのメーカーが数百種類の家具、数百種類の張地から仕様を一つずつ決めていくことができるようになっており、他店にない一つだけの仕様の椅子を製作することができます。業務用家具は一人当たりの使用時間はさほど長くありませんが、多くの人に一日中使われることが前提となります。また、ほとんどのケースでは靴を履いたまま利用されることも想定されるなど、傷が付きにくく丈夫な素材・構造が求められます。クッションには高密度でへたりにくい「チップウレタン」が多く使用されたり、ソファでも板張りのものやSバネ構造のものなど、耐久性を重視した構造のものが用いられたりしています。
    こういったソファやイスなどの家具やレジカウンターや吊戸棚などの什器などお困りの点、ご相談などがございましたら、なんでも弊社までお気軽にお問い合わせください!

  • 2021/04/14 ラダーバックチェアとは ラダーバックとは「はしごの背もたれ」という意味。
    背もたれ部が高くはしごのようなデザインで、アメリカ・コロニアル様式でみられる椅子。また、ラダーバックチェアとして有名なのは、イギリスの建築家チャールズ・レニエ・マッキントッシュがデザインした椅子。当初ヒルハウスの寝室に置くためのものとしてデザインされた。直線を強調したデザインでレイアウトするだけでオブジェとしても楽しめる。360度どの角度から見ても美しいといわれ、「眺めるための椅子」といわれている。
    1脚でインパクトがあるためインテリアのアクセントとして使用されるほか、並べて使うと背面が空間の間仕切りとなる。

  • 2021/04/12 リフティングテーブルとは 高さが自在に変更できる昇降式のテーブルのこと。
    「リフティング」には、持ち上げるという意味がある。テーブルとしては天板面の高さ調整が可能という意味でつかわれ、用途に応じてて高さを変えられる点が人気となっている。一般的には、脚の部分がスチール製で、付属のレバー等で平均約10cmから約70cm程度まで無段階で調整できる。昇降がしやすいよう、天板を上げる際は片手でレバーを引上げ、下げる時にはレバーに手を掛けながら体重をかければいいなど工夫されている製品が多い。
    高さを変えることでデスクやアイロン台など一定の高さが必要な作業台として使えたり、ソファに合わせた低めの高さでリビングテーブルとして使うなど、シーンに応じてテーブル1台が様々な用途に使える点が便利である。

  • 2021/04/09 フェイスブック更新しました フェイスブック更新しました


    詳しくはこちら
  • 2021/04/07 ワックス塗装とは 木材の仕上げに使われる塗料で屋内用の浸透性塗料の一種とされる。家具やフローリングなどの無塗装の無垢材の仕上げ塗料として使用され、無色で木目をそのまま生かし、木材に自然なツヤを与え、保護する働きがある。
    原料には、蜜蝋や亜麻仁油という植物を中心とした天然成分から作られている物が多く、アレルギー体質の方にも有害とされるホルムアルデヒドは含んでいない天然のワックスが良いとされる。木の表面に被膜を作り、撥水性、防腐、汚れ防止に効果があり、抜群の威力を発揮する。塗装後は滑らかな質感で、自然なツヤが木の本来の美しさを引き立てる。
    無垢の製品であれば、家具、フローリング以外にも壁、天井にも塗装する事が可能である。

  • 2021/04/05 サイドボードとは 収納家具の一種。元々は、皿、フォークやスプーンなどの食器を収納する戸棚と、配膳の際のサービングテーブルとしての機能を兼ね備えた食堂用の家具。
    中世ヨーロッパの領事館のホールで既に使用されているが、ルネサンス時代には食堂用として重要な意味を持つ家具の一つになったと言われている。日本では横長で背が低く、飾り棚を兼ねた食器棚を指し、インテリア性の高い収納家具である。別名「ローボード」とも言いリビングでテレビ台などにも用いられることも多くなってきている。
    趣向性が強い家具の一つであるため、素材、デザイン、大きさ、仕様など幅広いバリエーションがあり、使用用途とイメージに合わせたタイプを自由に選ぶことができる。

  • 2021/04/01 フェイスブック更新しました フェイスブック更新しました


    詳しくはこちら
  • 2021/03/31 イ-ジーチェアとは ゆったりとした大きめの座面と肘掛けが付いた一人掛け用の椅子である。楽な姿勢を保てるように傾斜の付いた背もたれを設けた、休息を目的として作られた椅子のことを指します。
    格式に囚われず座り心地の良い椅子の事を総称した呼び方で、主にリビングなどで使用されることが多いが、サンデッキのようなゆったりとするための空間でも使用される。材質は様々であるが、木製やラタン(籐製)のような自然のぬくもりが感じられる物の方が休息椅子として合っているようで、座面は広くゆったりとした幅を持ったデザインのものが多くある。
    形状がゆったりとした設計という以外は、アームチェアとさほど変わりがなく、その場所や用途によって使い分けられた呼び方である。

  • 2021/03/29 フェイスブック更新しました フェイスブック更新しました


    詳しくはこちら